Shins Blog 304

写真のこととか本のこととか

猫に名前をつけるのは難しい

 

When you notice a cat in profound meditation

 

 

猫に名前をつけるのは難しい
それはとても休日の
気楽な片手間仕事とは言えない

君は僕が気が狂っていると思うだろう
猫には三つの名前が必要だと言ったら
まずもって彼には家族用の名前が必要だ
ピーターとかアウグストゥスとか
アロンソとかジェームズとか
ビクターとかヨナサンとか
ジョージとかビル・ベイリーとか
そういった名前はすべて
普段の呼び名として理にかなっている

もう少し愛らしくて凝った名前が欲しいなら
雄猫には雄猫の 雌猫には雌猫の
プラトーやアドミタス
エレクトラやデメテルなんてのもある
でも結局それらはみんな
普段用の名前と言っていいだろう

しかし猫にはそういった名前とはべつに
もっと特別な威厳のある名前が必要で
そうでなくては猫としても
尻尾を誇らしげにおっ立てたり
ひげをピンと伸ばして
得意気になったりできなくて困るじゃないか?
少しばかり例を挙げるとすれば
ムンクストラプとかクワックソとかコリコパットとか
ボンバルリーナとか、えーとその
ジェリーローラムとか
まあそういったほかを探しても二つとない名前だよ

しかしもってなおさらだが
まだひとつ猫には名前が必要なのだ
そしてこれこそ君には思いつくはずもなく
そもそも人知を超えていて
猫は知っていても教えてはくれず
たまに彼らがもの思いにふけっているように見えるとき
言っておくがそんなときはいつでも
まさに彼らは恍惚としてあることに思いを巡らせている

僕の本当の名前は
本当の名前は
本当の名前は

もう少しで言葉に出来そうで出来ない
出来なそうで出来そうな
底なしに神秘的ですばらしい
その名前

"The Naming Of Cats"
by T.S.Eliot